エネルギーにみちた印鑑

  • RSS

開運印鑑とはどういったものかご存知ですか?今日は生まれ年による印材選びと、八方位に焦点を合わせてお話ししましょう。

中国から伝わる占術で九星気学というのは、宇宙のエネルギーを9つに分類したものと、木火土金水の5行の相性を組み合わせた占術です。これにより生まれ年からふさわしい印材が分かります。
一白水星、九紫火星は本柘、黒水牛、牛角白、象牙と相性がよく、二黒土星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星は黒水牛、牛角白、象牙。三碧木星、四緑木星は本柘、黒水牛、牛角白と相性がよいとされていますから、ご自分の生まれた年から印材を決めてみてはどうでしょうか。

また、九星気学とは関係なく誰でも開運の印材は、象牙と黒水牛とされ、積極的に前向きに行動したい人は象牙を、冷静に落ち着いた行動をしたい人は黒水牛を選ぶと良いとされていますので、参考にしてください。
円を45度ずつ八方に分けて、方位により運勢の性質をあらわすものを八方位といいます。北から時計回りに、成功運、愛情運、社交運、蓄財運、住居運、家族運、希望運、金運です。
印鑑の外枠と、印面に彫る姓名の文字が接する点を接点といい、八方位で運勢を強くしたい箇所の接点を、太く強調して彫りいれることで開運につながるとされます。熟練した職人さんがバランスよく祈りをこめて彫ることで、エネルギーにみちた印鑑が出来上がります。

運とは運ぶことですから、開運印鑑を持ったからと安心することではなく、高く目標を持って気持ちを前向きに、精一杯努力することで自分自身に開運を運びいれたいものですね。やっぱりはんこは自分の分身。大切に扱いましょうね。



~ 便利サイト情報 ~

<即日出荷サービスあり>名刺作成

自分好みの名刺をどこよりも早く手にしたい方にオススメなSPEED名刺館

多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!
仕上がりイメージを確認できるプレビュー機能搭載で
簡単・自由にレイアウトを調整しながら、オリジナルの名刺を作成できます。

このページの先頭へ